ブログトップ | ログイン

60円と4.1秒と21コマと俺

ennui777.exblog.jp

タイトルの意味の解る方、寄ってらっしゃい見てらっしゃい

心に残る思い出の4号機 その12 ~獣王~


目指せ、ランクアップ!
ランキングはこちら



ついにAT機まで辿り着きました(笑)

というわけで、今回は……
b0059167_23344794.jpg

                         獣王

言わずと知れた、サミーの爆裂AT機です。

4号機の爆裂化は、どこから始まったのか?

意見は、多数あるでしょうが、
間違いなく、その一角を占める事になるであろう台ですね。

当時は、大量獲得タイプを筆頭に、
様々なタイプの機種がホールに並んでいました。

そこに、ひっそりと設置された獣王。

なんせ、基本のゲーム性が今までの機種とは、まるで違います。

ボーナスを引くだけでは、とても勝てない仕様に、
とまどった方もいたのではないでしょうか?

かくいうアンニュイ青年も、
獲得枚数の割に、低いボーナス確率に戸惑いを覚えました。

何よりも、パネルデザインが格好悪い!
最初の印象はコレにつきました。

ボーナスをはじめとする、各絵柄もイマイチだし、
なんだか訳の解らない「木」のようなブランク絵柄はあるし、
とても後にホールを席巻する台には見えませんでした。

しかしながら、画期的なシステムに、爆裂出玉!
という前評判に惹かれ、
サバンナチャンスとかいうのを引くまでは、
打ってやろうと思いました。

そして、3回目の実戦にて、
遂にあのランプが点灯したのです!

そこから、台の評価は一変。

イマイチとか、格好悪いとか言ってたデザインも、
神々しく見えてきました(笑)

もう獣王しか打てない日々の始まりです。

程なくして、高確率状態を判別する方法が発見されてからは、
勝率もグンと上がり、益々、のめり込む日々が続きました。

常に15枚役のこぼし目が出現することに、
賛否両論ありましたが、熱さが凝縮されたと思えば許せましたね。

例えば…………
高確率状態で、逆押し中段象狙い。

中段に象が止まれば、まず第一関門突破。

この時、ドット演出がなければ、体温が2℃程上がります(笑)

次は、ハサミ打って左リールに、木・象・象を狙います。

ここでチェリーが出れば終了。

めでたく、木・象・象が停止すれば、
この時点で純ハズレ・ビッグ・バケ、
そしてサバンナチャンスのいずれかの成立が確定です。

もし、ドット演出が無ければ、
純ハズレは否定されるので、もう心臓はバクバクです。

そして、運命の中リールは、
もちろん中段に象をビタ押しです!

そのまま、象が停止してバケが始まれば、
はい残念~となり、滑って15枚役が揃えば、
ビッグ確定につき、チャンス継続です。

そして、何も揃わなければ……………!

演出無しなら、サバンナチャンス当選確定となり、
至福の潜伏期間を堪能することになります。

仮に演出ありでも、高確率状態なら、
サバンナチャンス当選に期待が持てるので、
数ゲームは熱い展開になります。

とまあ、一日に数回しか訪れませんが、
その熱さたるや、今までの台以上でしたね。

この獣王で、一番印象に残っているのは、
ボーナスを1回も引かずに、
+100Kオーバーになったことですね。

獣王ブームも次第に冷め、
ホールの中は亜流のAT機だらけになっていたころ、
いつものごとく、朝一から獣王の島に向かうと、先客0。

高確率判別をかけていくと、2台ヒット。

1台に座り、遊戯開始です。

人間心理の不思議なところで、
判別をかけてあって、座ってない台は、
低確率スタートだと思い込むんですよね。

よって、もう1台も、
しばらくは放置プレイでOKなんですよ。

まずは1台目で、速攻でハズレを引き、
そこからサバ13連チャンのノーボーナス。

連チャン終了後、低確率に落ちてるのを確認して
(ビッグを引いてないので、確認するまでもないのですがね)、
未だ手付かずの2台目に着席。

奇跡というか、調子のいい時はこんなものか、
と言いたくなるような展開で、
2台目でも、ボーナス無しでサバ20連チャンです。

時間は、まだAMだったのですが、
そこで終了して110Kぐらいの勝利でしたね。


かなり打ち込んだ割りには、
一度も万枚オーバーはなく、
それが残念でした。

この獣王以降、4号機回胴界は、
更なる狂乱の時代へと進む事になります。


次回は「えっ~くす!」です
ポチッとしてやってくださいな。


ランキング確認を兼ねてクリックを。
by ennui777 | 2008-06-15 23:32 | 思い出の4号機