ブログトップ | ログイン

60円と4.1秒と21コマと俺

ennui777.exblog.jp

タイトルの意味の解る方、寄ってらっしゃい見てらっしゃい

心に残る思い出の4号機 その10 ~イプシロンR~

かなり下がった
ランキングはこちら



前回のハイパーラッシュと、登場時期が前後しますが、
今回も山佐の………


b0059167_1111018.jpg

                      イプシロンR

当時の山佐にしては珍しく、技術介入バリバリの台でした。

世の流れが、そのような感じでしたからね。

しかし、そこはさすがに老舗。

時流に乗っただけの駄目台ではなく、
小役回収・リプレイハズシ共に効果抜群で、設定判別も効くという、
ツボをしっかりと押さえた作りになっていました。

また、盤面右下についている7セグによる演出は、
ボーナスの期待感をあらわしていたのですが、
これが意外に奥が深く、ゲーム性に、いい味付けをしていました。

パネルデザインも、キャラクターなどを使わず、
硬派な感じで、非常に格好よかったですね。

筐体上部には、超大型の告知ランプを搭載していたのですが、
コレに頻繁に頼るようでは、イプシロンRを打つ資格はない!などと、
当時のアンニュイ青年は、傲慢な考えを持っておりました(笑)

基本的に山佐の台は、
低設定域が辛く、
技術介入性が低い、
万民に平等な台が多かったのですが、
このイプシロンRは目押しが出来れば、
低設定でも非常に甘く、いわゆる「喰える」台でした。

さすがにクランキーコンドルほど甘くはありませんでしたが、
アンニュイ青年の懐は、この台によって、かなり温められましたね。

ちなみに、イプシロンRを打ちに行っていたホールは、
当時としては、まだ珍しい部類に入る、
スロ専門店としてオープンしたホールでした。

そのホールも、いまや閉店廃業待ちのように、
閑古鳥が鳴くホールに変わってしまいました。

これも時代の流れですかね………


この頃の山佐魂よ、もう1度!
ポチッとしてやってくださいな。


ランキング確認を兼ねてクリックを。
by ennui777 | 2008-04-05 01:08 | 思い出の4号機