ブログトップ | ログイン

60円と4.1秒と21コマと俺

ennui777.exblog.jp

タイトルの意味の解る方、寄ってらっしゃい見てらっしゃい

心に残る思い出の4号機 その2 ~ドラゴンエース~


微妙なラインを漂うこのブログの
ランキングチェックはこちら



今回の機種は、思い出には残っているのですが、
実際に打った回数というのは、非常に少ない、
というかわずか1回という、ちょっと特殊な台です。

b0059167_23555480.jpg

                      ドラゴンエース

日活工業(現ネット)の台です。

発売された当初は、特に注目を浴びていた訳でもなく、
いたってオーソドックスな4号機でした。

アンニュイ青年も、とある出来事が起きるまでは、
名前も知らない台でした。


その出来事とは………


ドラゴンエースに
セット打法発覚!

こんな見出しが(記憶が曖昧なので、表現が少し違うかもしれませんが、
ニュアンス的にはこういう感じです)某パチスロ専門誌に踊ったのです。


アンニュイ青年、もうこの情報にくぎづけでした(笑)

ちょうどこの頃、コンチや、センチュリー等の、
昔の台には、本物の攻略法があったことを知ったアンニュイ青年は、
このドラゴンエースの攻略法を試してみたくてたまりませんでした。

はい、なんともお馬鹿ですね(笑)

例え、真実であったとしても、雑誌に載った攻略法が、
ホールで使えるわけないのにですね。


しかし、そんな事など、露ほども考えていないアンニュイ青年は、
さっそくドラゴンエース探しに出発。

今と違い、ネットなどが普及してない時代ですから、
足を使って、ホールを一軒一軒見て回りました。


そして、ついに発見!


喜びました、アンニュイ青年。

またまた、お馬鹿です。

攻略法が使える台が、普通に稼動している事自体、
おかしいという事など、ちょっと考えれば解るはずなんですがね。


そして、いざ実践開始!

成功するものと思い込んでいるので、
店員の視線が気になってしかたがありません(笑)

もちろん、店員は見てません。


ドキドキしながら攻略手順開始です!

しかし、何度試しても、ビッグボーナスが成立しません。


後になって考えれば、当然なんですが、
その時は、自分のやり方が悪いんだと思い、
必死に手順を繰り返すんですが、やっぱり駄目。

ガセ攻略会社あたりから見れば、
恰好のカモですね、この頃のアンニュイ青年は(笑)

結局、諦めて帰宅。

家に帰り、冷静になって、いろいろと考えてみれば、
出来る訳がないという事に、ようやく気付きます。


全国誌に掲載されるような攻略法がホントに使えるなら、
設置ホールは大変な事になります。

当然、店員張り付きや、島閉鎖などの処置を取ります。


それが行われていないという時点で、
攻略法の真偽は別として、使えないネタであることは間違いないわけですからね。


初めて、記事を見てから数日。
アンニュイ青年も、ようやくその結論に達したのでした。


この経験があったからこそ、
その後、雑誌広告にある攻略法なんてものに興味を示さなくなったんですね。

また、パチンコ・パチスロ雑誌なのに、
ガセ攻略会社の広告を使っているような所の雑誌は買わないようにもなりました。


完全に読者を馬鹿にしてますよね、その出版社は。

広告の攻略会社の攻略法がガセであることは、
雑誌を作っている自分達が一番知っているはずなのに、
解析数字を載せた次のページに、その広告があったりするわけですからね。

ちょっと話が逸れました(笑)


ガセネタと解って以降、ドラゴンエースを打ったことはありません。

たった一度、それもガセ攻略手順を踏みながらの実践でしたから、
配列やリール制御、リーチ目などのゲーム性については、
さっぱり記憶にありません(笑)


それでも、このドラゴンエースという台は、
攻略ネタの一事だけで、アンニュイ青年の記憶に残る台になったのでした。


後に知った事ですが、このガセ攻略法、
完全にガセであったわけではなく、
一部の裏物にのみ通用するセットだったのです。

要するにBC物ってやつですね。


カバン屋さんと、任侠の世界の人が絡んでる可能性があったかもしれない話ですね。

こんなセット打法を大々的に載せる雑誌も好きになれませんでしたね。

決して、無駄足を踏まされたからではないですよ(笑)


さて、次回の台のキーワードは・・・・・・パーティーチャンス。

これだけで台の名前が解る人は・・・・・コメント欄にどうぞ(笑)


最終話は、押忍!番長の予定(笑)
ポチッとしてやってくださいな。


ランキング確認を兼ねてクリックを。
by ennui777 | 2007-11-23 23:53 | 思い出の4号機