ブログトップ | ログイン

60円と4.1秒と21コマと俺

ennui777.exblog.jp

タイトルの意味の解る方、寄ってらっしゃい見てらっしゃい

基本的には、等価交換には反対なんです

人気ブログランキングへ


今年もやってまいりました、バレンタインデー。

本年度も、スタッフやお客様、
果てはスタッフの奥さんや子供までくれるという展開に、
感謝の一言であります。

まぁ、1ヶ月後が大変だなぁ、という思いが、
頭をよぎらなかったわけではありませんが、それは内緒ということで(笑)


昨日の続き。

私が、パチスロを打ち始めたのは、かれこれ19年近く前のことです。

その頃の交換率は7枚交換。

1枚あたり14.3円ってとこです。

パチンコの方交換率は、よく覚えてませんが、
ラッキーナンバー制でした。

いつの頃からか、等価交換の波が押し寄せ、
気づけば、等価以外のホールを探す方が難しくなってました。

等価になれば、当然のことながら、
割数が100%を超える営業は出来ませんから、
設定も押し並べて低くなり、
今と変わらないような状況になっていきました。

7枚交換の頃というのは、高設定も多様されており、
長時間打つ分には、非常に楽しい状況でした。

スロを打つ楽しさって、高設定を打つ、ということだと思うんですよ。

低設定のまぐれ当たりによる大勝ってのも楽しいのですが、
高設定を確信しながら打つ楽しさは、
その島の中で1割に満たない人間にしか許されない楽しさです。

交換率が高くなるということは、その「枠」が少なくなるということ。

これは、パチンコも同様です。


しかし、世の中の大多数の人は、そうは考えなかったようで、
等価交換は、おおむね歓迎されました。


あの時から、十数年。

今度は、半強制的にパチンコが等価になろうとしています。

Oハンの現状を見ても分かるように、
今回も、ユーザーは受け入れると思います。

個人的には、猛烈に反対なんですが、
もう、どうしようもないんでしょうね。


一物一価の原則に従うなら、等価じゃなくて、
低換金率でもいいはず。

7枚交換や、40玉交換でも、
パチンコとパチスロの換金ギャップがなくなれば、
それでいいはず。

多少、換金率が悪くても、
高設定台・良く回る台を長時間打ちたい!

でも、こういう意見って少数派みたいなんですよね。

皆さんは、どう思います?

人気ブログランキングへ
ランキング確認を兼ねてクリックを。
by ennui777 | 2011-02-14 23:34 | ホールに行かなかった日