ブログトップ | ログイン

60円と4.1秒と21コマと俺

ennui777.exblog.jp

タイトルの意味の解る方、寄ってらっしゃい見てらっしゃい

経営者目線から、と思っていたら、いつの間にかメーカー糾弾になってしまった


人気ブログランキングへ


昨日の続き。

正直、ホールの努力だけでは、
もう無理なところまできてると思います。


爆裂4号機時代のツケが回ってきてる、
とも言えなくはありませんが、
状況的には、業界そのものが衰退して行ってると思います。

では、そんな中で起死回生の策は?

単独ホールでは無理な話ですが、
結束してお上を動かすのが、
一番手っ取り早いのではないでしょうか。

ホールも体力不足、お客の財布も悲鳴をあげてる、
となると、もう一方の当事者のメーカーにも、
泣いてもらうべきではないか?と。

現在、ホール経営を圧迫しているのは、新台入替費用です。

こんな言い方をすれば、
メーカーの人間は怒るかもしれませんが……

高い版権を使ってクソ台を作り、
抱き合わせ販売をして利益を出している、
そんなメーカーにも泣いてもらうべきだと、私は思います。

抱き合わせは、いろいろと問題になったので影を潜めてますが、
機歴(実績)による優先販売や、
台数縛り等が横行しており、内容的には、そう変わってないはずです。


こういった販売方法を規制するのも、
一つの手段ですが、それよりも機種開発そのものを、
規制するべきではないかと。


3号機までのパチスロは、
1メーカーにつき2機種まで、と決まっていました。

今、考えると凄い規制ですが、
これなら開発にも気合いが入るってものです(笑)

現在の状況で、この規制は流石に厳しいので、こんなのはどうでしょう?

年間を通して、
メーカー(関連会社・子会社も含めて)が販売出来るのは、
2機種(同タイトルのスペック違いは別機種とみなす)まで。


これなら、クソ台を売る余裕なんてなくなりますし、
余った部材は、ハネデジで捌くなんていう、
甘い考えも持てなくなります。


メーカーの開発陣が駄目だと言う気はありませんが、
あまりにも寿命の短い台が多すぎです。


そして、寿命が短い台による恩恵を一番受けているのは、
そんな台を開発し販売したメーカーです。

これは、ちょっといただけない話だと思いませんか?

ホールが無駄な入替をしなければ、
状況が変わるかもしれませんが、
それには全国のホールが足並みを揃えなければなりません。

事実上、不可能です。

もっとも、ホールに、入替は月に1回だけ、
という規制をかけるのも一つの手段だとは思います。



と、まぁ、実現すれば多少は状況が変わるかもしれない、
でも実現しないだろうなぁ(笑)という、
あまり意味の無いことを2日に渡って書いてみました(笑)


我々も、もっと勉強しなければいけませんね。
ポチッとしてやってくださいな。

人気ブログランキングへ
ランキング確認を兼ねてクリックを。
by ennui777 | 2010-01-18 22:13 | ホールに行かなかった日